眼科

細隙燈検査(スリット検査)

眼科診療には欠かせない検査で、光の幅や明るさ、拡大率を変えてまぶたの状態や角膜、結膜、虹彩、水晶体さらにはその奥の硝子体を観察します。
動物は動きが大きいのでハンディータイプを仕様しています。


眼圧検査

角膜表面にトノペンという器具を軽く接触させて眼圧を計ります。
眼圧が上がるのが緑内障で、早期に発見、治療しないと失明してしまう可能性が高いので、目が赤い、痛がる等少しでも疑われる症状があった時にはすぐに検査します。


眼底測定

部屋を暗くしてエグザミネーションランプの光を網膜に当て、非球面レンズで拡大して観察します。
網膜の変性や血管の状態、出血や剥離がないかを調べます。